飯田市の自然素材の家|注文住宅・外断熱の工務店 太田建設


長持ちする家

いい家の第2の条件それはまさしく、家に優しい家です。家に優しい家は、当然ながら長持ちする家となります。イギリス・アメリカ・フランス・ドイツの住宅の寿命が100年くらいなのに対し、日本の住宅の寿命はわずか26年と言われています。(国の白書より)せっかく建てた家が、住宅ローンを払い終える前に寿命をむかえるなんて、笑い話にもなりません。では、どうすれば家に優しい、長持ちする家がつくれるのでしょうか。実は、それには人に優しい家、すなわち健康で快適で安心して暮らせる家と、とても密接なつながりがあるのです。というよりも、自然素材を使って健康で快適な家をつくれば、自然と家に優しい長持ちする家がつくれます。なぜ自然素材を使った家が長持ちするのでしょうか。それは、自然素材で家をつくることにより、家が呼吸するようになるからです。呼吸する家とは、風通しのいい家という意味ではありません。確かにそれも大切なことですが、それよりも大切なことは、調湿する機能をもった家のことです。湿気が多いときには吸収し、湿気が少ないときは放出する、湿度の調整機能をもった家です。その機能の役割をするのが、主には無垢の木だったり、珪藻土などの塗り壁材なのです。文頭に申し上げた、日本の住宅の寿命の問題も、気候風土がかなり関係していると言えます。そのような気候風土から家を守るには、調湿する機能をもった家をつくることが必要不可欠なことなのです。そのためには、自然素材を使って健康で快適で安心して暮らせる家をつくることが一番です。ただ、気をつけなければいけないのが、やみくもに自然素材を使うのではなく、質のいい自然素材を適材適所で使用しなければ意味がありません。使用方法や使用箇所や使用する組合せに気をつけながら、家をつくらなければいけないのです。自然素材を使っても、壁体内に結露をおこしてしまっては、なんの意味もないからです。

太田建設の家づくり