飯田市の自然素材の家|注文住宅・外断熱の工務店 太田建設


基礎はベタ基礎+α(プラスアルファ)

基礎はベタ基礎です。ちょっと前に使われた営業トークですね。でも、もう既にそんな時代は終わりました。どこの会社もほとんどがベタ基礎が標準仕様になってます。一部、ハウスメーカーは構造計算をして、布基礎のところもあります。別に布基礎が悪いと言っているわけではありませんので、お間違いのないように。ただ、ベタ基礎だからそれで大丈夫というわけではありません。ベタ基礎だからと、ただ真っ平らに基礎を作ればいいというものではありません。ベタ基礎にするにしても、きちんと構造計算をして作らなくてはいけません。それが、国の指針でもあり、方針でもあります。構造計算の結果、基礎の形状なり、鉄筋なりを考えて作らなくてはいけません。ちょっと専門用語を使わさせて頂くと、地中梁を作る必要があります。簡単に言うと、深(ふか)基礎部分を作って、より頑丈に基礎を作るのです。写真で見るとこんな感じです。 ベタ基礎 ベタ基礎 ベタ基礎 普段、基礎工事は弊社でやりますが、たまに協力会社に頼むことがあります。そうすると、その基礎屋さんは、こんなこと言います。「太田建設さん、木造住宅だよね?」基礎屋さんにしてみると、すごい基礎だからビルでも建つの?という意味です。それくらい、一般的に基礎に対する考えが甘いのが現状です。いくら上部の木構造部分を頑丈に作っても、基礎が悪ければなんの意味もありません。家が完成してしまえば、それこそ分からない部分です。断熱しかり、そいういう部分こそ、しっかり作るべきではないでしょうか。

基本仕様