飯田市の自然素材の家|注文住宅・外断熱の工務店 太田建設


外壁は塗り壁

外壁で重要なことは、見た目と耐久性と性能と、もちろんコストです。最近の新築の家の外壁を見れば、ほとんどがサイディングといわれる外壁材ばかりです。そんな中、太田建設では塗り壁をおすすめしています。左官屋さんによる手づくりの塗り壁は、やはり味わいや風合いがあります。手づくりゆえに、世の中にふたつとして同じ家は存在しません。塗り壁の家外壁の耐久性については、実は以外に見落とされがちな部分です。一般的に多く使われるサイディングは、10年~15年に1回は合わせ目である目地材のコーキングの打ち直しが必要になります。しかも、外壁の補修工事には仮設足場が必要なため、かなり高額な補修費となってしまうのです。太田建設でおすすめしている外壁用の塗り壁材は、継ぎ目がなく紫外線にも強い塗り壁材です。ですから、一般的な外壁材より、とても耐久性が優れていて、ランニングコストも安く済むのです。そして、もっと見落とされがちなものが、外壁の性能です。この性能というのは、外壁材が呼吸する性能があるかどうかということです。もっと具体的にいうと、外壁材に透湿性があるかどうかです。家にとって湿気は大敵です。湿気はものを腐らせるため、家の柱や梁などの構造体も腐食させます。その腐食をさせないために、外壁材に呼吸(透湿)させる必要があるのです。日本は高温多湿で世界の中で、もっとも物が腐ると言われている国のひとつです。だから、この見落とされがちな外壁の透湿性という性能は絶対に必要な性能のひとつなのです。塗り壁の家最後にコストです。職人さんによる手づくりの塗り壁は、確かに高くなってしまうのが現実です。だからといってコストをおさえる方法がないかというと、そうではありません。材料をメーカー直で仕入れるなどの努力によって、塗り壁でありながらローコストを実現しています。このような理由から、太田建設では外壁に塗り壁をおすすめしているのです。

基本仕様