飯田市の自然素材の家|注文住宅・外断熱の工務店 太田建設


床は無垢の木のフローリング

家の床とは、人が常に触れている部分です。リラックスしながら座っているときはもちろんのこと、歩いているときや、横になっているときもです。赤ちゃんにとっては、はいはいしたり、座ったり、寝たりと、ほとんど床に触れながら生活しています。そのような、人が生活するのに常に触れている床を、意外となにも考えずに決めている人が多いように思います。だから、カラーフロアー(合板フローリング)を選ぶ方が、多いのだと思います。合板フローリングとは、薄くスライスした木を接着剤で貼り合わせたフローリングのことです。やっぱり床は、なんといっても無垢の木のフローリングです。無垢の木のフローリングとは、木材をそのまま加工して床材にしたものです。無垢の木のフローリングにはたくさんのメリットがあります。無垢の木のフローリング調湿効果は、家や住宅の中の湿度環境を心地よく保つため、室内はいつも快適です。しかも、調湿効果によって、カビや結露を防ぐため、健康的な室内環境を保てるのです。無垢の木は、非常に熱を伝えにくい素材ですので、断熱効果が期待できます。冬の寒いときでも、無垢の木はフローリングと違い、ヒヤッとせず温かみが感じられます。また、無垢の木の香りにはフィトンチッドという成分が含まれています。その成分には、抗菌・殺菌・鎮静作用があるばかりか、心身をリフレッシュ&リラックスさせる、アロマテラピー効果もあるのです。また、無垢の木のフローリングは歩行感がよく、足腰にとても優しいのも特徴です。しかも、無垢の木のフローリングは自然素材のため生きています。ときを重ねるごと風合いが増し、色合いが変化するため、経年変化だって楽しめます。こんなにある無垢フローリングのメリット。ちゃんと理解すれば、家を建てるときは、必ず無垢の木のフローリングを選びたくなるはずです。ついでの話無垢の木のフローリングが好きだけど金額が上がってしまう・・・・・そのようなご心配をされている方がいるようでしたら、ご心配は無用です。無垢の木にはいろんな種類があります、その中にはお手ごろ価格で手に入る無垢の木もあるのです。

基本仕様