飯田市の自然素材の家|注文住宅・外断熱の工務店 太田建設


家の価格

われわれ太田建設が提供する家の価格はなんと48万円/坪ということで、坪あたり48万円が家の基本価格となっています。(その坪単価にバルコニーは含まれません。ちなみに含めると坪単価は下がります。)それに設計料+確認申請費用+外部給排水+仮設費用もろもろで145万円がプラスされます。最初に申しておきますが、太田建設の坪単価は、他社のような20・30万円代の不透明な坪単価とは違います。実際に建ってみたら、50万円くらいになってしまうような不透明な坪単価でありません。実際に家を建てた方や、自然素材の家を建てようと、いろいろ調べている人達には、太田建設の家を見て、これで本当に坪48万円!と驚かれます。サラッと48万円/坪と書いていますが、この金額設定は、実は驚くほど安い金額なのです。無垢の木や塗り壁など自然素材をふんだんに使い家をつくり、しかも断熱は次世代省エネルギー基準をクリアしています。耐震に関しては、建築基準法の2倍を超えるように耐力壁を設けており、耐震対策も十分しています。太田建設の基本仕様で、これだけの金額設定にできる会社は、飯田下伊那の工務店ではないはずです。相見積といって他の工務店さんと見積競争を、なんどかしましたが負けたことはありません。では、なぜそんな自然素材のいい家を安くつくれるのでしょうか。ちょっとだけ、ヒントを明かします。ひとつは、あるちょっとした設計上のルールもうけます。これは、プラン集から選ぶなどといったことではありません。基本的には、注文住宅であり、自由設計ですが、あるちょっとしたルールを加えるだけです。それと、材料の仕入れは、全国の工務店のみなさんと共同購入したり、メーカー直に入れるルートもつくっています。他には、家の骨格となる部分のつくり方を同じにすることで、大工さんの手間代をおさえたりもしています。はっきり言ってしまえば、このような積み重ねを地道にいっぱいしている結果です。突然、魔法のような技が、どこからともなく降って湧くようなことではないのです。もし、そのようなことがあるとすれば、それこそ不透明だと思います。では、実際に具体例を見てみましょう。30坪の家を建てるという想定です。30坪 × 48万円=1440万円1440(基本価格)+145(設計料+仮設など)=1585万円1585万円が税別金額となります。あとプラスされるものは、照明とカーテンくらいのものです。照明とカーテンで、それぞれ坪あたり1万円の予算を見ておけばいいと思います。なので、30坪 × 2万円=60万円 となり1440+145+60=1645万円が税別金額となります。同じような坪数の家を、どこかのハウスメーカーか工務店で見積をとってみて下さい。その違いを、必ず分かって頂けると思います。しかも、見積をとった家の仕様が、クロスなど新建材ばかりを使用していたら、なおさら差は歴然です。

基本仕様